Ayume

中学生、高校生の好奇心に火がつき、やる気になる方法!

【世界に目を向けて、新たな自分の可能性を見つけてみないか?】
中学生や高校生のみんな、7月23日、24日、もしかしたら、人生を変える分岐点になるかも知れない話、聞きに来ないかい?
 
この日は、夏休みに入ったばかり。
おそらく
塾に行っている子は、夏期講習もあるだろう!
部活をやっている子は、練習や試合もあるだろう!
行きたいけど、やる事がいっぱいで。。。
 
そう感じた子も沢山いるのではないだろうか?
確かに、それは大切なイベントである事は重々承知している。
 
それでも誘いたい!
 
この2日間の2時間だけ、時間をこじ開けて、話を聞きに
来てみないかい?
 
えっ誰の話って?
John先生こと、森若幸次郎(John Kojiro Moriwaka)さんのお話です。
 
【ハーバードのエリートは、なぜプレッシャーに強いのか】の著者でもある彼が、日本の若者に
『自分の人生を大きく変えてくれたきっかけや、考え方』
などお話してくれます。
 
John先生は、ハーバードビジネススクールエグゼクティブ教育PLD、スタンフォードのMBAを持ちシリコンバーにも会社持つ社長さん。
山口大学の客員教授もされている!
 
さぞ、すごいエリートで小さい頃から頭が良くて、バリバリ勉強していたんだろうな。。。
そんな印象ではないだろうか?
 
ところがちょっと違っていた。
小学校〜高校生までは。異端児で学校では問題児扱いされていたのだ。
 
しかも、中学受験、高校受験、大学受験、全て失敗!
彼自身、どうしようもないくらい、苦しくて誰にも言えない、孤独感と辛さを味わったそうだ。
 
こんな彼の人生を大きく変えてくれたのがお父さんの一言だった。
 
『オーストラリアに行ってこい、そしてお前の隠れた才能開花させてみろ!』
 
『えっ、オーストラリア?』そう思ったものの、
『そうか、確かに!』
『日本とは違った世界を見てみるのもありかも。。。』
 
そう思い、オーストラリアに渡ったのだ。
これが人生を変える大きな、大きな転機になったそうだ。
 
日本の学校では、異端児扱いされてどこに行っても問題児!
 
そんな彼がなぜ?
シドニー大学、ハーバード、スタンフォードといった
世界のトップの大学で学ぶ事が出来たのか?
 
そしてなぜ
イノベーションを起こすような若者達を育てようとしているのか?
グローバルで活躍できるリーダーを日本の若者の中から育てたい。
その為に、私で応援できることがあれば、やりますよ!
そう言ってわざわざ2日間も時間を空けて頂いたのです。
 
ユーモアたっぷりに、分かりやすく話ししてくれるはず。
 
私も、John先生の話を聞けば聞くほど、
『人はいつからでも変われるんだな』と実感した。
 
John先生の小さい頃からのエピソード、是非聞きにおいでよ!
 
今、学校ではどうしても馴染めなくて、悩んでいる親子の方
自分が何をやっていいのか、何がやりたいか分からなくて、夢や目標がない若者
海外留学を考えている方
 
7月23日、24日、会える日を楽しみにしています!
※これ誰かに教えてあげようと思ったら、シェアよろしくお願いします。
 
【7月23日(土)13:00〜 16:00〜】 
https://www.facebook.com/events/1802866389936495/
 
【7月24日(日)13:00〜】
https://www.facebook.com/events/568769259968759/

森若さん写真3

【ハーバードのエリートは、なぜプレッシャーに強いのか?】

【ハーバードのエリートは、なぜプレッシャーに強いのか?】

Copyright © 2015 Ayume. All rights reserved.